ランキング機能

runking
ウォーキング活動をイベントにする?
walkin_01

誰の日常生活でも含まれる運動がウォーキング。この毎日の活動だけでも実は十分な健康づくりができるのをご存知でしたか?
その方法は活動強度を意識したウォーキングをするだけ。これだけで健康づくりに十分な運動となることが最新の研究データによりわかっています。
日々のウォーキングだけではつまらない?そんな方にもっと楽しく、継続的に行えるように考えられたのが、日々のウォーキングをスコア化してランキングしていく仕組みです。歩数計を持つだけで参加できるので運動が苦手な方でも参加が可能。それをチームを組んで参加すれば楽しく継続することができます。


日々の身体活動を評価する新しいウォーキングイベント
繰り返しになりますが、健康づくりにはただ歩くだけでは意味がありません。その中に「中強度」の運動が含まれていないと、ウォーキングが健康づくりに役立っているとは言えないことがわかっています。また従来のウォーキングイベントは単に歩く歩数が多いだけであると、歩く機会の多い人が有意になってしまいます。

ランキングシステムを使用したイベント参加期間中は、健康づくりに必要な“中強度の運動”がどれくらいできているかを示す「ヘルススコア」を競います。ヘルススコアは健康ポイントとしても活用が可能です。

スコアはどうやって算出しているの??
最新の研究では、病気と日々の身体活動の関係を明らかになりました。それが、群馬県で15年に渡り行なわれてきた世界でも注目を浴びている中之条研究です。20の病気・病態毎に導きだされた運動による病気予防基準から導きだした確かな研究成果からスコアを算出いたします。
歩数が多くても「中強度の運動時間」が少ないと高いスコアは期待できません。歩数だけでなく、強度が高い運動が含まれ、そのバランスを評価してスコアを算出します。日々早歩き等運動強度を高める生活を送って高得点を目指して下さい。

 

楽しさ、積極的参加を促進するチーム参加型ウォーキング駅伝システム
walking_02個人的にウォーキングを楽しむこともできますが、仲間と一緒に行うことで、より楽しく、長く続けることができます。チーム戦として、各個人の平均スコアをチームスコアとして使用することもできます。また、「駅伝」機能で、個人の担当する期間を設定し、担当期間の個人スコアがチームスコアとして記録されることも可能です。
個人の担当した期間の実績が評価される「駅伝機能」を使用する場合は、駅伝でいう「区間賞」を「期間賞」として記録することもできますので企画次第で楽しむことができます。
その他、「チーム月間賞」、「個人総合」、「チーム総合」など、様々なカテゴリー別で競い合うなど楽しみ方は色々です。チームを変えたり参加カテゴリーを変えてみる等、継続的な運動イベントとしてご利用ください。